次は何をやらかすのか costan'ZOO'

ohanaboo.exblog.jp

アメリカに住んで27年、人生も半分過ぎました。ミクシ以外でも楽しかった事残しておきたくなりました

ブログトップ

ワインを造ってみたよ -仕込み編

続きです。

セドナに5日間行って留守にするので
完全に熟れてる前のを13キロ取って冷蔵庫に入れ
あとの熟れたのは全部木からとって
家の前に置いて好きな人に持って行ってもらいました。

戻ってから洗って水を切り
用具を全部専用の物で雑菌。
プラムを入れる布も売ってたのですが
あたしはダイソーの目の細かい洗濯ネットを買って
これに入れました。$4のセービングなり。爆

d0253133_832328.jpg


これを絞って沢山の汁をバケツに入れる。

d0253133_8321530.jpg


絞った量と同じ量の水をいれ、ペクチンと砂糖をを入れ
砂糖の濃度を計ります。温度計みたいのを液に入れると
甘いほどそれが液の中に浮かぶんです。
沈んだらまだ砂糖が足りないってサイン。

プラムが甘いので、レシピより一キロも少なくてすみました。
$3のセービング。爆

よーく混ぜてラップし、バケツに蓋をして
これから一週間、一日2回混ぜてすごします。
洗濯ネットは入れたままです。まだジュース出ます。

d0253133_8325826.jpg


二日目にイーストを入れます。
パンのイーストとはちと違いますが、匂いは一緒です。

数日するとかすが浮いてくるので取ります。

透明なジャーに移動じゃー

一週間したら
いよいよジャーに移します。
洗濯ネットのプラムを丁寧に絞って少しでも多くの果汁を取ります。
かすが手のひらで握れるくらいしか残らなかったよ。

d0253133_843390.jpg


これをジャーに入れ、肩まで届かなかったら水を足します。
ワインって砂糖と、こんなにも水を入れるなんて知らなかったよ。
砂糖がアルコールに変わる重要な役をするんだって。

ガスを出し、外の空気を入れないようにするエアロックを取り付けます。
水を少し入れて、圧力鍋の振り子の用にあがったり下がったりするのが見えます。

こうして2週間ほど放置。
ところが!
2日目から面白い現象が3日間ほど続きました。
表面のワインが勝手に動いてるのが見えるんですけど
小さな泡が集まっていき、5分たつと5mmくらいの厚さの泡になります。
そして突然消え始めるんです。20秒位でさーっと消えます。
これを3日間ほどずーーっと繰り返していました。
見てるだけで飽きない面白い光景でした。




次は寝かせる編
[PR]
by eatsleeplove | 2012-08-20 10:30 | 趣味多彩なあたし