次は何をやらかすのか costan'ZOO'

ohanaboo.exblog.jp

アメリカに住んで27年、人生も半分過ぎました。ミクシ以外でも楽しかった事残しておきたくなりました

ブログトップ

<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

あたしが一才になる前に離婚し、
18で家を出るまでずっと母一人、子一人で住んでました。

思春期の頃は大嫌いで、家出たら絶対縁切ってやる、なんて思った頃もあったっけ。
元々絆は強くない親子なので、
未だに電話するのは誕生日と正月くらい。
しかも2,3分で終わります。。

そんな母が先日70になったので
電話しました。
今日は何も特別しないし予定も入ってないって。。。

電話切ってから最近Facebookで連絡が取り易くなった
まだ独身の従弟にメールし
暇してたらアイスでも一緒に食べてあげてくれないか、頼みました。

次の日の朝メールが来ていて、
「4人(叔父夫婦と)でご飯食べに行ってきたよーー」
って書いてあって、朝から泣けてしまいました。

やっぱりあんな親でも70の大きな誕生日に
一人で過ごすのはかわいそすぎだと
海外にいて何もできないあたしが勝手な事を思っていました。

あたしの代わりにいろいろ面倒見ててくれている
叔父夫婦と従弟達にはいつも感謝です。

もうお母さんを亡くした友達が前言ってました。
「悦ちゃん、自分の誕生日には
生んでくれてありがとう、って言う日なんだって。
あたしはもうそれが言えないから、
今度皆でお母さんにありがとうカード書こう!」

そうね、いつか書こうかな。。

ある作家が
「誕生日は、自分を生んでくれた母と過ごす事にしています」
って言ってたんだって。
いい言葉だなーー

母との関係は、帰ればずっとおしゃべりして楽しいけど、
2週間以上は絶対に、絶対に一緒にいれない関係。
お互いにイライラしてきて、最後にでっかい喧嘩になる。

皆のとこみたく、友達みたく仲のいい、大好きな関係、ではない。
小さい頃、道を歩いてて、手をつないだら
「お母さんは手つないで歩くの好きじゃないの」
と言われ、手をつないで歩いてくれない人だった。

だから今でもあたしは誰でもいいから手つないで歩くのが好き。
でもそのうち母が年老いてきたら
あたしがその手をつないで歩いてあげる日がくるのかも知れない。
[PR]
by eatsleeplove | 2012-07-17 08:45 | どうでもいい話

乳癌撲滅を目指して歩く

10年前から始まった、チャリティーウォークで有名な
Avon Walk

エイボンって化粧品会社が始めた非営利団体です。

http://www.avonwalk.org/

アメリカでは年に4万人(うち500人が男性)が乳癌で亡くなっているそうです。(13分に一人)
年に23万人が癌告知を受け(うち2100人が男性)
40歳以下の乳癌患者だけでも25万人いるそうです。

すごい数です。。

各都市で毎年開催される60キロ近くを2日で歩くチャリティに
先日仲のいい友達がたった一人で参加してきました。

彼女の夢は50歳になったら記念に残るイベントに参加することだったみたいで、
親戚、友人、義理の家族で何人もの人が乳癌になっているので
このAvon Walkに参加することを前から決めていたそうです。
寄付金も立派な$3500を集めました。

その二日目最終日の閉会式に行ってきました。
ちょうどパパのお兄さんとフランスから従兄も来ていたし
彼女のゴールを見届ける応援団が誰も来ないと言っていたので
こんな感動的な瞬間を誰も見てあげないなんて、、、と思って。。

昼にはゴールしちゃったらしくてゴールの瞬間は見れなかったけど、
閉会式前の彼女に会い、感動をわけてもらいました。

いよいよ閉会式。
癌にかかっていない参加者が入場。
感無量だろうなーー

その後、癌患者、そして、癌克服したサバイバー参加者の入場
すごい数!
皆誇らしげに歩いてくる。もう見てるこっちまでボロボロ泣けてくる。
がんばったね!おめでとう!!!!!

そして、友達が一番感動したという、暖かいスタッフの人やボランティアの人達の入場。
マッサージ、カイロ、医者、皆すごくよくしてくれたそう。

式そのものは30分もなかったけど、内容の濃いいい式だった。
最後に皆が手をつなぎ、空高くあげ、癌撲滅を近いあう。

d0253133_822871.jpg


目の前に小学生くらいの女の子がバックパックをしょって立ってた。。
布が縫い付けられてあって、それには

「In memory of my mom」。。。。

正直言ってあたしには乳癌になったという人が身近にいないので
まだピンと来ないけど、
それでも感動が伝わってきて涙ものだったから
乳癌で友人や家族を亡くした人達にとっては
言葉で現せないほどの二日間だったろうな。。

いい経験させてもらった一日でした。
[PR]
by eatsleeplove | 2012-07-10 08:22 | 楽しいイベント
モニカが2週間の旅から今夜帰ってきます。

最初はケンタッキーにいる父親の所へ10日間。会うのは8年ぶり。
24時間 X 10日間 も続けて一緒にいるのは、生まれて初めてです。
結構仲良く過ごせたみたいで、楽しかったと、たまにくるテキストとメールで教えてくれました。

この父親と別れた理由の一つに、趣味や思考、全てが合わないっていうのがあったんですが、
そのまた一つは食事でした。

毎晩ステーキとじゃがいも感覚は許せますが、
2種類の食事を作るあたしもしんどかったし、
和食を一緒に楽しめなかったのがつまんなかったです。

そんな父親の所にいて、肉大好きなモニカもさすがに飽きたのか
一週間目には
「ママのご飯が恋しい。。。帰ったらカレーライス作ってて欲しい」
とリクエストがありました。

あたしも実家に帰ると年老いた母にいろいろ作って欲しい物リストを渡しますが
モニカのお袋の味って。。。カレー。。。?

なんか寂しい。。笑
カレーなんか自分で小学校の時から作って
今ではチョコだのヨーグルトだの林檎だの入れて
すごい凝ったの作るじゃないか。。わざわざあたしが作らなくったって。。笑

と、思いながらも今日はカレーを作って
モニカの大好きな麦茶を冷蔵庫に入れておきます。

ケンタッキーの後はサウスキャロライナのお兄ちゃんの所に5日いたんだけど
あちらではおいしい物を食べてたのか、恋しいメールが来なくなったな。

焼けて(また太って)帰ってくるのかな。
いない間しばらくガミガミ言う相手がいなかったから、
またガミガミの生活が始まるぞー
[PR]
by eatsleeplove | 2012-07-07 07:22 | オハナ(家族)の事