次は何をやらかすのか costan'ZOO'

ohanaboo.exblog.jp

アメリカに住んで27年、人生も半分過ぎました。ミクシ以外でも楽しかった事残しておきたくなりました

ブログトップ

タグ:アート ( 5 ) タグの人気記事


年末に少し本を見ながら見よう見真似でやってみた
ラタンを使った籠編み。。。
楽しくて少し作ったんだけど
あれから毛糸の帽子編みで忙しくなってやってなかった。

だけど、またやる気が起こるイベントがあり
車で20分ほどの近所の山のセンターで
5時間も教えてもらって$10という講習会に
初めて参加してきました。

先生でもあり、山のレンジャーでもある男の人が
30キロ離れた水源地帯から取ってきたという
柳の木の枝を切っていました。
こういう木は放っておくとどんどん増えて困るの。
かと言って勝手に取ったら罰金。
うまくいかないもんだな。。

彼なら好きなだけ取れて、しかも防火や整備にもなるから
一石二鳥なのだな、きっと。

初めて使う自然な素材。
もうそれだけで楽しい。
やっぱりラタンより全然味がある!

旦那に、クラフトの店でいつも籠、半額で売ってるじゃないかと言われ様が
やっぱり自分で作る、手作りがいいのよ。ほっといて!笑

本やブログを見た知識が先走って
一生懸命つめて編んでいき、ふと気づいたら
こんなでかい底に。

d0253133_9444353.jpg



しかも他の3人と先生は、隙間だらけのゆるい編み方。
今日はこのデザインの籠を作るのが目的だったのか。
遅かりし。。。。

4時間休みもなく作ってこれだけ大きくしたら
なんだか、このままお日様としてオブジェにして飾っておきたくなった。
だから時間ぎりぎりまで、籠にせずにお日様を大きくしていった。笑。

これはこれですごく気に入った。
家の外壁につけてもらおうかな。
でもやっぱり浅い籠にしちゃおうか、悩んでる。。。

なにがうれしい、って
お土産に枝沢山と、木の太いところをもらってきたこと。
すごく強いから根がはって柳になるよ、って言われて
もうすでに庭に柳が沢山なって自家製の柳の籠を作ってる
自分を想像してしまう。

d0253133_9451167.jpg



次の日違うのを作ってみようと思った。。。

できない。。
手が、、特に親指が痛くて触れない!
やっぱり力入れすぎたのね、クラスで。。。
堅い枝とかと格闘すると、結構力いるのよ。。
しばらくおあずけだわ。。。

あ、でも、買えば一束3000円くらいする、古いラタンがまだ10個あるから
紅茶で染めて、練習がてら何か作らないとだな。。。

チーズも作りたいし、キムチも作りたい、味噌もまた作らないといけない。
ああ、やりたい事が多くてどうしませう。。。
[PR]
by eatsleeplove | 2014-02-01 09:46 | 趣味多彩なあたし
カザデロパフォーミングアートキャンプの続きです。

前回の様子。 http://ohanaboo.exblog.jp/16653881/

写真やっと載せました。
沢山の流れ星を見た野球場とキャンプファイヤーの場所

d0253133_13352664.jpg


ダイニングルームがある辺のメイン通り
d0253133_13375252.jpg


先週のクラスで作ってた
石を削るストーンカービング

d0253133_911189.jpg


シルクスクリーンのTシャツ作り


d0253133_923485.jpg

柳の枝で作ったバスケットや槍

d0253133_90325.jpg


その他のアート、がらくたで作ったアートとかーー
d0253133_1337681.jpg

d0253133_13355094.jpg

d0253133_1336585.jpg

d0253133_13361870.jpg


先週モニカを置いて去る時、
川でみつけた沢山のハート型の石から3つ選んで
メッセを書いて枕に置いてきました。

d0253133_90964.jpg


そんなわけで、今回は一人でまたキャンプに太鼓を持って行ってきました。

d0253133_13211111.jpg


訪問客は一泊$20取られるんですが、太鼓を長年教えてるスーさん、
顔が利くのでいつも無料で食べて泊まってきます。
せっかくのこのチャンス、誰か一人連れて行って見せてあげたかったんだけど
行きたい人たちは皆予定が入ってて無理だった。。
あああ、残念。。。

まずはモニカが働いてるキッチンへ。
300人分のサラダを用意してるよう。
邪魔しないで写真だけ撮って去る。


先週に続き、今週も今年初めてのクラスが披露されてました。

タップダンス
レゲエバンド
カリプソバンド
そしてハープ

ハープを山の中で聞くと、数倍美しく聞こえるもんですね。

d0253133_13433419.jpg

先週と違うクラスとしては
ディジレビュー (アボリジニー部族の楽器)
d0253133_13383497.jpg


スプーンとバケツで作る音楽
カポエラ 
なんかがありました。


川ではまた違ったアートに変わっていました。
川探検団の子供達です。

d0253133_1339026.jpg


d0253133_13201242.jpg

(写真提供モンキチ)

夜の発表会はディナーが終わってから
夜の10時まで。

サーカスや音楽のあと
目玉である劇。
今回はアガサクリスティの作品
子供から大人まで総勢20人がする
一時間ものの長い劇。
よくセリフを覚えたもんだ。
(キャンプ前からセリフを渡されていたけどね)

d0253133_13394630.jpg


朝は太鼓から始まり
d0253133_13414751.jpg


カポエラ
スウィング

d0253133_13473766.jpg

スチールドラムと続き
お昼のバンドで幕が降りるまでの3時間
5日間で学んだことを披露し
観客も楽しい時間を過ごしました。

こちらがもう一つのメインステージ

d0253133_8593632.jpg


ゴスペル
d0253133_13455368.jpg


大体は毎年くる家族が多いこのキャンプ
今年は初めてきたという家族連れが多かったのと
新しいクラスが沢山あったのが印象的でした。

Grass-fedのひき肉を使ったハンバーガーを食べながら
先生達のCDなどやキャンプの服なんかを皆さん買ってました。
これは太鼓の先生の店から持ってきて売った
日本のアニメのTシャツ。人気あるんですよ。
d0253133_8591930.jpg


お金だけ払って寝泊りし、クラスを取らずに
静かにキャンプを楽しむ人もいるんですよ。
森からいろいろなクラスの音楽や子供達の笑い声を聞きながら
静かに読書をするのも贅沢な休暇の過ごし方なんでしょうね。

モニカは、持病の膝を痛めて一日早く仕事を終えましたが
ウクレレの演奏もできるようになったし
d0253133_13425985.jpg


実りある2週間だったのではないでしょうか。

来年は是非家族連れで行ってみてください。
(お金と時間がある人に限られるのがネックですけど。。)
2歳から5歳までは
ここで毎日遊びます。
モニカのウクレレのクラスが子供たちに演奏しました。
d0253133_13445340.jpg


キャンプの一日はこちらのビデオ。これ見たらきっと行きたくなるはず。
http://www.cazfamilycamp.org/video/

最後に、、、
小学生と一緒になって川でターザンごっこをする
19歳の乙女の娘。。。。

d0253133_8585456.jpg

[PR]
by eatsleeplove | 2012-09-07 13:51 | 楽しいイベント
フランス行きが決まってまずしたのが、フランスの写真集め。
かっこいい白黒の写真の場所で、私も同じ場所で写真を撮りたかった!
探すとなかなかないものだな。

やっと見つけたこの数点。
訳わかんない顔してるパパに頼んで撮ってもらいました。
d0253133_3372360.jpg

d0253133_2393126.jpg


自由の女神、探せなかったのよね。。。
だからモニカとフランスパン片手にこんなポーズ。
d0253133_3381840.jpg


d0253133_240358.jpg


遅く着きすぎて上れなかったノートルダムの一番上。。。
相手はこれ(旦那、笑)だけど、
こんなポーズであたしも撮りたかった。。。

d0253133_16203334.jpg


残念。


フランスを出る前に、モニカが彼氏からもらった犬のぬいぐるみ。
彼の香水をたっぷりかけて、たまにクンクン嗅いでいる。
あああ、あたしにもそんな頃があったわよねえ。。
「ねえ、Amelieみたく、行った場所全部でこの子の写真撮ろうよ」
と提案。
車3台にそれぞれ名前をつけてる我が家。
この犬にも名前を考えてあげなくっちゃ。
モニカのモ。彼氏のコで、モコ、MOCO.
二人はクレージーだからLOCO MOCO.
ハワイのロコモコも好きだし、とこれに決定。

オタンにある旧ローマの競技場跡
d0253133_2434875.jpg


d0253133_2574617.jpg
d0253133_2572333.jpg

いろーーんな場所に行けて、なんてラッキーな
(たかがぬいぐるみのくせに)ロコモコ。


エッフェル塔を押してるモニカ。
d0253133_24040100.jpg


ルーブルの逆ピラミッドもこのとおり。
d0253133_2583445.jpg


エッフェル塔の前でモニカとコントもしました。

車のCMで森三中の会話を津軽弁で話すのが、
フランス語に聞こえるという評判になったそうで、
それをエッフェル塔でモニカとやってみたかったんです。

「わのかでパン、湿気るめに鍋でフォンデュにせば、うだでぐめよ」
「せばだば、やってみら」

訳すと
「私の固いパン、湿気る前に鍋でフォンデュにするとすごくおいしいよ」
「それじゃ、やってみるわ」
となります。笑



http://www.youtube.com/watch?v=BdtaNxTGHnw&context=C390f742ADOEgsToPDskKQjfJBAkvK3rX5fx-XITZa

夜になりました。ハウスボートが浮かぶセーヌ川に、でっかい満月!
で、満月をつかんでみましたーー

d0253133_2412875.jpg


デジカメを買ってから、
本当に写真が増えてうれしいにはうれしいのですが
プリントしなくなった分、
撮るだけ撮ってなかなか全部の写真を改めて見るということが
なくなってしまいました。

でもこうして、ブログでまた見てくれる人がいてうれしいです。


美術館に行っては、興味のない物はベルトコンベアのように、

素通り。。。

歴史的な発掘品になると、
どんな生活して誰がこれを触ってたんだろう、なんて
妄想の世界に入っていつまでも眺めてられる
非常にムラがある私の行動。

同じくベルトコンベア歩きのモニカと撮って遊んだ写真たち。

エジプトの棺おけから手を出して
起き上がっている幽霊が鏡に映っています!!!

d0253133_2415989.jpg

[PR]
by eatsleeplove | 2011-07-16 08:36 | おフランス旅行
画家としては成功しなかった彼ですが
孫たちがすごいアートの才能の持ち主で、
これがモニカと同じ18歳の子が高校時代に作った物?
って驚くものばかり。
これがマットの次女ソフィアが描いた物。
ちょうど卒業の時期だったんで、学校から持って帰った物が沢山。

d0253133_1284431.jpg

d0253133_1292271.jpg



カメラを持たせればこれだし。。。ため息。。
d0253133_1285879.jpg
d0253133_1291057.jpg


鳥が一羽だとかわいそうだということで
二羽にしたそう。これも有名な絵なのよね、聞いた話だと。爆
d0253133_1303136.jpg


モニカが幼稚園で描いたお絵かきを毎日沢山持って帰って
大半が、暖炉の肥やしになった物とは大差です。。笑

長女のエミリアもすごいです。
なんせ、夜中に眠れないからって絵を描いてた子です。

田舎の家のモーヴォンに滞在中の6月21日
この日はフランス全国で行われるミュージックフェスティバルの日。
50分ほど走って近くの大きな町、オタンへ。
生演奏がいたる所で無料で見れます。
歩いている途中で見つけたビル。
子供の為のアートを教えてる場所のようです。
お教室感覚で皆習いに来てるんでしょう。
さすが、おフランス、子供の頃から皆さん才能を発揮してるって感じ。
数人いるあたしのアーティストの友達へ、お土産写真を少し撮りました。

d0253133_1323690.jpg

d0253133_1331732.jpg
d0253133_1333063.jpg
d0253133_1334242.jpg
d0253133_1335335.jpg
d0253133_134798.jpg
d0253133_1342145.jpg
d0253133_1343651.jpg
d0253133_1345022.jpg



パリの美術館にも学校の遠足で来てる子が沢山いました。
皆真剣に見て、真剣にメモってます。
フランスはどこの町も、街全てがアートですからね、
絵を描く材料も沢山、歴史的建物も沢山
毎日の生活の中にアートの勉強が自然に組み込まれているのね。。。。
いいわねえ~~~

パリで一番気に入った場所がモンマルトル
丘の上の王子様にも会えそうな。。爆
小さな一角に沢山のアーティスト達がテントを張って、
自分達の作品を売ったり
観光客の絵を描いてあげたりしてました。
どれもあたしの目には素晴らしい物だったけど
きっとこの程度の人は何百万人もいて
実際に食べていくのは大変なんだろうなあ、と感じました。

d0253133_8445764.jpgd0253133_8454435.jpg
d0253133_8455759.jpg

[PR]
by eatsleeplove | 2011-07-11 08:16 | おフランス旅行
パパの叔父バートおじさんは3年ほど前に亡くなりましたが
40年前に家族でパリに引っ越した。

今でこそ金持ちが住むらしいけど
昔はアーティストが好んで住んだという
セーヌ川にハウスボートを買って住み
画家をしながら本も書いた人でした。

今でもローズマリーが一人でここで暮らし
パリにやってくるお客様たちを招き
おいしいチーズや手作りビーフシチューで
もてなしている。

d0253133_8453811.jpg


ただ、叔父さんは画家としては成功しなかったみたいですが
本が売れてハリウッドの映画も3本作られました。
本も映画も日本でも売られました。
Wikiすると名前が出てくるほどです。

「晩秋 Dad」テッドダンセン、ジャックレモン、ケビンスペーシーなど
「バーディー Birdy」ニコラスケージ、
「真夜中のクリスマス The midnight clear」  イーサンホーク

パリにも住み子供を育て、その後モーヴォンに売りで出ていた元ホテルを買い
アートセンターにして絵を飾ったり、村の人に教えたりしてたみたいです。
もちろん彼の美術館としても公開していました。
お父さんがなくなった今は、日本の漫画ヲタのもう一人の息子が管理しながら
ろくに働かずにこの家にただ住んでるようです。

d0253133_8185693.jpg


絵の本も出しているのですが
モデルになったレストランを探して写真を撮ってみたりもしました。

彼の本、映画、絵、レストラン。。。
彼が亡くなった今も
彼の残した物を通して彼に触れることができるって
素晴らしい遺産だとおもいました。


d0253133_8193859.jpgd0253133_8195279.jpg

d0253133_8202621.jpgd0253133_8204018.jpg


d0253133_821123.jpgd0253133_8211598.jpg

d0253133_822131.jpgd0253133_8222550.jpg









今でもローズマリーが一年の半分を一人で過ごすボート

(小さな声で)
でも若い頃は女遊びして奥さんを泣かせたそうですよ。
売れない画家と美女達。。。これもフランスだと絵になるなあ。笑

d0253133_8225551.jpgd0253133_8231023.jpg

[PR]
by eatsleeplove | 2011-07-08 08:31 | おフランス旅行