次は何をやらかすのか costan'ZOO'

ohanaboo.exblog.jp

アメリカに住んで27年、人生も半分過ぎました。ミクシ以外でも楽しかった事残しておきたくなりました

ブログトップ

一人暮らしの母の70歳の誕生日。。

あたしが一才になる前に離婚し、
18で家を出るまでずっと母一人、子一人で住んでました。

思春期の頃は大嫌いで、家出たら絶対縁切ってやる、なんて思った頃もあったっけ。
元々絆は強くない親子なので、
未だに電話するのは誕生日と正月くらい。
しかも2,3分で終わります。。

そんな母が先日70になったので
電話しました。
今日は何も特別しないし予定も入ってないって。。。

電話切ってから最近Facebookで連絡が取り易くなった
まだ独身の従弟にメールし
暇してたらアイスでも一緒に食べてあげてくれないか、頼みました。

次の日の朝メールが来ていて、
「4人(叔父夫婦と)でご飯食べに行ってきたよーー」
って書いてあって、朝から泣けてしまいました。

やっぱりあんな親でも70の大きな誕生日に
一人で過ごすのはかわいそすぎだと
海外にいて何もできないあたしが勝手な事を思っていました。

あたしの代わりにいろいろ面倒見ててくれている
叔父夫婦と従弟達にはいつも感謝です。

もうお母さんを亡くした友達が前言ってました。
「悦ちゃん、自分の誕生日には
生んでくれてありがとう、って言う日なんだって。
あたしはもうそれが言えないから、
今度皆でお母さんにありがとうカード書こう!」

そうね、いつか書こうかな。。

ある作家が
「誕生日は、自分を生んでくれた母と過ごす事にしています」
って言ってたんだって。
いい言葉だなーー

母との関係は、帰ればずっとおしゃべりして楽しいけど、
2週間以上は絶対に、絶対に一緒にいれない関係。
お互いにイライラしてきて、最後にでっかい喧嘩になる。

皆のとこみたく、友達みたく仲のいい、大好きな関係、ではない。
小さい頃、道を歩いてて、手をつないだら
「お母さんは手つないで歩くの好きじゃないの」
と言われ、手をつないで歩いてくれない人だった。

だから今でもあたしは誰でもいいから手つないで歩くのが好き。
でもそのうち母が年老いてきたら
あたしがその手をつないで歩いてあげる日がくるのかも知れない。
by eatsleeplove | 2012-07-17 08:45 | どうでもいい話