次は何をやらかすのか costan'ZOO'

ohanaboo.exblog.jp

アメリカに住んで27年、人生も半分過ぎました。ミクシ以外でも楽しかった事残しておきたくなりました

ブログトップ

かたぎのやっちゃんに釘付け: シャスタの旅、最終日

さて、三日目の今日はもう帰る日です。

でもただでは帰らないわよー!


今回の旅で一番したかったとこに行くんだものー。


2ブロック先のオーガニックのスーパーで地ビール買う。

二年前、ここで買った方がWeedのブルワリーより安いって覚えておいたの。

今回は、うわ!って臭うドレッドヘアの若者と

すれ違わなかったなああ。


公園で水汲んで

高速降りてすぐの所にある、Hedge Creek Fallsと言う滝に行った。


ここは滝の裏っかわに行けるようになってる。

ディズニーランドのジャングルクルーズ以来ですよ、滝の裏に行くなんて!

d0253133_07591452.jpg

d0253133_07592689.jpg



そこで、禅もどきをしてる風に写真とって

旅のクライマックスであるWeed (日本語で、葉っぱ)の町へ。

ここにスチュワートミネラル温泉があって、

ここの水はぬるーっとしてるんですよ。

肌の弱い人はひりひりするそうです。

サウナはでかくて、山の上で見た白い軍団も入れるくらいの広さで、

真ん中に暖炉があるんです。薪を入れる暖炉!それがサウナ。


それが終わったらすっぽんぽんで、川の水に入るんです。

アメリカの温泉は外にある所も多く、皆すっぽんぽん

しかもわりと年齢がいった人に人気があるので、

男女問わず脂肪が減り皮だけになったものが水面に情けなさそうに浮いております。

でも誰も人の事なんか気にしてないし見てないから

平気平気!

かえってここで、モデルのようなスタイルで、胸もプリンプリンの女の子がいたり

消防士さんですか?って声かけたくなるようなかっこいいイケメンがいたりしたら

おばちゃん、かえって入りにくくなっちゃうもの。。。

そう思わない?


ヒッピーもどきだったT1は、なんだか実家に戻ったように生き生きしちゃって、

どこでもすっぽんぽん。隠しもしないからこっちが目を背けないといけない。

他人の目なんて気にしてもいないふうで楽しそう!

家を出る前に「あ、無駄毛の処理忘れた」って気にしてた人は

この人だったはずなのに。。。


冷たい水が大の苦手なあたしも

サウナの後は川のプールに入りましたよ。

心臓止まるかと思ったけど

「早く水に漬からないと、ずっとケツを見られるんだぞ」

と、自分に言い聞かせとっとと水に入る。

おおおお!慣れると気持ちいいじゃないか。

でもヒッピーもどきのT1は、これを冬にやったそうな。

あたし、おちんちんないけど、もしあったらそんなことしたら

絶対胃まで引っ込んじゃうよ!!


あたし達を待ってる間

クリスタルに興味があるT2は

座った隣の人がヒーラーさんだったり、

クリスタルのお店でも、たーーっくさんある石の中から

一瞬見た物を、これだ!ってわかって買ったり

神聖なるシャスタにお似合いだった。


ヒッピーもどきのT1も違う意味でシャスタにお似合いだったけど。


シャスタ慣れしてるJちゃんは

ヒーラーさんだ、波動法の先生だ、って

もっとプロをお連れして来てるのに

こんなあたし達に合わせてそれなりに楽しんでくれた。


さて、数ヶ月前からメールでやりとりして

今回こそはぜーーーったいやりたいんです!とアピールしておいた

インディアンのスウェットロッジ。

今回は70人くらい入ってたかも。

ドラムとチャンティングが終わり、

一人一人中に入り、時計回りに座っていく。

ふと見ると、両胸に龍の刺青をした日本人の男の人

その彼女らしい人に目が行く。

どうーーみたってやーさん

でも彼女の方は綺麗だけど、スタイルはズバ抜けていいって感じでもない。


お水ではないのかな?なんて思って見てると

やーさんが中に入ろうとした。

なんと、胸に手をあて、お辞儀をして入っていった。

やっぱりやーさんも上に行くと礼儀正しくて紳士って言うからなー。

さすがやーーと思って見ていた。

お!なんか英語まで上手じゃん。

やっぱり上に行くと大学も終わって学もあるのねー

って勝手にあたしの中で彼の像ができあがっていく。


ドームの中に薪で真っ赤に焼かれたでかい石が

20、30と運ばれ、ドアを閉めると真っ暗な中

綺麗なインディアンのおばさんが10ガロン分の水(40リットル)を

石にかけると、中はスチームルーム!

その中で、シャーマンのウォーキングイーグル氏がお話を始める。

「皆、感謝の気持ちをもち、愛し合いなさい」

みたいな。。。

チャンティングや太鼓の音等も聞こえる。

70人もいて、最初に「ドア!!」って言いたくないから

暑さに我慢するのと、息をつくのと、体育座りでお尻が痛いのを我慢するので

大好きな愛の話を聞く余裕がない。

「誰か、ドア!って言えーー」とばかり唱えていた気がする。

やっとドアが開くと数人が出てホースで水をあびていた。

あたしもやっちゃったわよ。水が大嫌いなあたしが!

週末の昼に飲むビールの10倍よかった!!!


中にまた戻ると、奥の方に座っていたやーさんは

姿勢も崩さずに座っている。

ほう、やっぱり辛い、痛いは慣れてるんやなー。根性座ってるわーー。

Mじゃないとやーさんもできんわな。。


また石が運ばれ、真っ暗になり、

辛さにめっぽう弱い、かたぎなあたしは

何度も「ドア!」って言いそうになるのを、あと一分だけ我慢しようと
少しでもやーさん見習おうと頑張る。

やーさんだって暑いのに我慢してるんだ。

一緒にがんばらなくっちゃ、

って、いつの間にかやーさんがライバルとなり、同士となる

またドアがあいて、また石が運ばれ、

ロス以来浮腫んだままの足がすっきりするなら

これくらい!と妄想思考を変えながら我慢してると、

やっと終わりの合図。


皆川の飛び込む。

あたしも飛び込む!頭も突っ込む!

これがまたこの旅で1,2を争ういい思い出になったのです。

この気持ちいいことと言ったら、奥さん!

あ、やーさんも川に入って、他の日本人とも「笑顔で」会話してる。

さすが、義理と人情もある、できた人やなーー

なんでさっきから関西弁?笑) やすしのイメージ強すぎ!

T1はすでにすっぽんぽんで人魚と化してる

怖い者しらず、ミーハーのあたしは、やーさんに声をかける。

「慣れてますね?ちゃんと儀式の作法も知ってるようだし」

「いえ、初めてですよ。」

「えええー、そうなのー?慣れたふうに見えました。

ところで、かたぎの方ですか?」

ええ、そうです

「そうなのー?若いやーさんかと思ったー」

と、そこへ、T1が

やっちゃん、って言うんだよー
先にその裸体を覆ってから話しかけてくれないかね?

すごい気さくで、(ちゃんと)仕事もロスでしてるんだって。

でもこのかたぎのやっちゃん

「自分が言うのもなんですが、これからしたい人がいたら

刺青あると、自分への評価は半分しかもらえなくなりますから

止めた方がいいですよ、って言いたいです。

人はやはり、見た目がこうだと、本当の自分、スキルを見てくれない。

可能性や希望も閉ざされます。」

みたいな事言うんですよ。

彼は小さい時にこっちに来て、日本人であるアイデンティティとして

この刺青を純な気持ちで好きだと思ったのかな。

やーさんの悪いイメージなしで。。
この龍じゃなくて、
「ニッポン昔話」の龍と小僧だったら
もっと違う人生になってたかも知れないよ。

あ、刺青してても日本の温泉入れるって。女将さんと交渉して

人のいない時間に入れさせてもらうんだって。

日本も、刺青お断りの温泉、そろそろなくなればいいな。

若い子皆してるじゃない?蝶々とか、元彼の名前とか。

日本はやーさんのイメージが強すぎ。

それにやーさんも一人になったら普通の人間だと思うし。

刺青がなにさ!

負けるな、シャスタで会った、かたぎのやっちゃん!!


スウェットロッジの詳細は

こちらのブログの方が詳しく書いていらっしゃいます。

http://medicinelake.blog76.fc2.com/blog-category-57.html

いやーー、人のブログを読むと、つくづく、つくづくあたしの文章って。。。。。

子供ーーー


そんなわけで、帰りはまっすぐ、でもちゃんとトイレ休憩もして

4時間でおうちにつきました。

(暑かった以上に、シャスタの水が本当に美味しくて

皆よくお水飲んだんですよーー。)

天然のJちゃんの楽しい話とか

昭和の歌を聞いてたらあっと言う間だったね。

誰も結局路中寝ませんでした。


戻ってもう4日がたち、未だにシャスタロスでなんか気持ちが暗い

今日このごろです。

身も心も浄化したはずなのにな。。。

何か連れてきちゃったのかな。。

漬物石、返して来いって暗示じゃないといいな。。。

すぐにまた行くからね!!!

楽しい旅行をありがとう!


by eatsleeplove | 2015-08-28 00:00 | 旅行編